2017年07月11日

久々にスイングしたぜよ 震度5強・・・

いやいやあ〜・・・今日の地震久々の大揺れだったな

我輩、温室作業を終え部屋に戻ってパソコンしていたんだが
最初な ドンドンド〜ンときたもんだからさ
桜島が久々に怒ったわいな・・・と、思ったその後すぐ・・・

いやいや揺れた揺れた、グラグラ揺れたわな・・・

我輩、揺れてる間にパッパッパ〜っと
「家崩れるかな・・・」
「下敷きになったら痛いやろな・・・」
「一人で死ぬるんかな・・・」
「アロワナ・・・大丈夫かな」
「子供ら大丈夫かな・・・」

早かったねぇ、これだけのことが頭駆け巡ったの・・・

窓の外を見たら、震源地である錦江湾を
のどかに・・・何事もなかったかのように船が走ってた・・・

あっ・・・そういえばマンゴー・・・落ちてないかな・・・
と庭に走り出てみたら・・・
3個のマンゴーが、ちゃんと枝先にぶら下がっていた20170711mango0001.JPG
20170711mango0000.JPG
20170711mango0002.JPG

そろそろヤバくなるからネットで包んでおかなければだな・・・

おやおや、地震でビックらこいたのか
パッションフルーツが赤く染まっているわな
20170711mixi.JPG

そういえば、昔から地震・雷・火事・オヤジ・・・とか言ってたよな

この辺では最近雷雨が凄かったし
実はな・・・昨日我が家ではボヤ騒ぎがあったんよ・・・
お昼ご飯用にイワシの甘辛煮をコンロにかけて温めていたんだが
パソコンやってたら、そのことをすっかり忘れててな・・・
「いい匂いがするなあ・・・」
なんて、呑気に構えていたんだが
窓の外から通行人の声で
「この家煙出てるよ・・・火事じゃないの
という声が聴こえてな・・・
そこでハッと気が付いて、部屋の入口の方を見ると
階段の下からモウモウと煙が昇ってきていた・・・

すぐに窓の網戸を開けて
「大丈夫ですよお鍋焦がしたんです
と言い置いて、急いで階段降りて行ったら・・・

1階は煙だらけで先が見えない状態・・・
焦げた匂いが半端なく酷くて・・・

コンロの火を消して、家じゅうの窓を開放して・・・
再びコンロの前に戻ると・・・

お鍋は真っ黒け〜のけ〜・・・
蓋を開けてみると・・・イワシも何もかも炭になって
異様な臭いを放っていた・・・

これで4回目だねこんなこと・・・
4個のお鍋をダメにしてしまった我輩なり・・・

雷雨にコンロの火の不始末・・・そして今日の地震・・・

ということは、あと残されたのは・・・「オヤジ」・・・なり

地震・雷・火事・オヤジ・・・
さてさて我輩の運命や如何に・・・

トラウマの夏がやって来たし・・・
まだあの煩い蝉の声が聴こえてこないから平常心なるも
朝から、シャンシャンシャンシャンジ〜〜・・・
と鳴かれ始めると、精神状態不安定になる我輩なり・・・

困ったもんだ・・・


















posted by youan at 20:01| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

15年忌・・・早いもんだ

201702kiyomi0003.jpg

201702kiyomi0001.jpg

カミさんがこの世を去って今日で15年・・・
気が付いたら、あっという間だったね・・・
お仏壇周りには、娘が買ってきた生花を活けた花瓶と2つの灯篭を供え
夕方から絶やさず灯しているロウソクとお線香・・・

やっぱり侘しいもんだねマジで・・・

先月20日から5日間、沖縄に行ってきたんだが
カミさんが病に倒れた沖縄・・・
所々で、この道路を車で一緒に走ったな・・・とか
ここで買い物したな・・・などなど、家族と過ごした4年間のことが
次から次へと浮かんでは消えた・・・

あの頃はとてもとても口に合わなくて食べられなかった沖縄そば・・・
今では、美味しそうに食べていたカミさんや子供たちのことを懐かしみながら
沖縄に渡航したら、必ず食べている・・・
今回も5日間で3食いただいてきたんよ我輩・・・

005-2-okinawa-20170620.jpg

007-2-okinawa-20170620.jpg

今日は午前中が海洋少年団の訓練で
午後1時半から鹿児島洋らん会の月例会だったので
昨日の内に孫たちとお墓参りを済ませてきた・・・

親父と並んで納められていた骨壺・・・
やがてここに我輩も入るんだろうね・・・
早く納まりたいもんだ・・・

そうそう、今日というこの日は我輩をとことん小馬鹿にし続けた
あの股癖の悪い東北女の誕生日でもある・・・
想い出したくもないんだが、この日だけは
どうしても関連付けされたタグのようにポンと浮かんでくるわな・・・

ボケが始まっているんだから、完璧に思い出さなくても良いものを・・・
ホントに困ったもんだ・・・


















posted by youan at 23:02| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

逞しくなった息子・・・

20170617mixi0000.JPG

昨日の夕方、息子から電話があって、何だかんだ話している内に
「親父、晩御飯食べたん?」
って聞いてきてな・・・
「まだだよ・・・」
と答えたら
「ほな、一緒に食べに行こうか・・・迎えに行くよ・・・」
って・・・

連れてってくれたのが「こんぴら丸」という
鹿児島では結構人気があるお店だった・・・

我輩の誕生日を祝う食事
息子とはホントに久々の食事だった

何でも頼んで良いよという言葉に甘えて
刺身盛り定食に「サバの刺身」を追加して
「何も飲まんの?」
と言うから、生ビールを一杯・・・
最近はお酒を飲まないからと、息子は何も注文しなかった
20170617mixi0001.JPG
20170617mixi0002.JPG

色々な話ができた夜だった・・・
親が知らないところで、相当苦労している息子・・・
頑張って生きているその姿に、涙が出そうだった

こんな時こそ親である我輩が力になってあげなければならないんだが
逆に、誕生日だからとはいえ晩御飯をご馳走になっている情けない親父・・・

19歳の時に母親を亡くし、今年で15年目になる息子
霊柩車の中で棺にすがって泣いていた息子・・・
その後バイパス道路を車に乗せて走ることが何回もあったのだが
火葬場の近くを通るたびにずっとその方向を振り返ってまで見ていた息子・・・

思い出すたびに涙が出る・・・
今こうして綴りながらも・・・涙が出てしまうなり・・・

我輩を送ったあと帰って行く車のテールランプが侘しかったね・・・
守ってやりたい・・・そう思いつつも何もできないこのクソ親父

困ったもんだ・・・









posted by youan at 23:25| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする