2017年07月31日

マンゴー・・・もうすぐ収穫なり

20170731mixi.JPG

マンゴーの木を買って3年目・・・
1年目は実がついたんだが、強風で落ちてしまった
2年目は低温処理していなかったので、実がつかなかった
そして3年目の今年・・・
3個の実が大きく成長し色づき始めている・・・

もうすぐ完熟しネットの中に落ちる・・・

楽しみだねえアップルマンゴー・・・

もう20年にもなるのか、沖縄に住んでいた頃
名護のランの先生宅の庭で見た大木のマンゴーの木に
鈴生りにぶら下がっていたアップルマンゴーを見て
亡くなったカミさんや3人の子供たちが感動していた・・・

まさかこうして我が家で栽培し、実ができるとは嬉しい限りだ

カミさんには食べさせてあげられなかったが
子供たち3人には1個ずつあげたいと思う・・・
もちろん、1個目はお仏壇にあげてからになるけどな

この前はパッションフルーツを初収穫
お仏壇にあげて、今日長女が持って帰ったんよ

マンゴー楽しみやね

学名 Mangifera Indica L
英名 Mango

我輩マンゴー大好きやけど、英名の
Mangoの「g」を「k」に替えたものも大好きでな・・・

いつまでたってもエロ爺なりよ・・・
まあ、それが元気の源だろうけど、もう1年ほど拝んでいないな
何か懐かしい気がし始めた今日この頃なり・・・
















ラベル:マンゴー
posted by youan at 21:37| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

おぎおんさあ・・・

20170725mixi0000.JPG

これだけ札束が積まれていたら喜ぶんだがな・・・
この中の1枚だけでも良いからさ・・・欲しい

さてさて、今年も7月22・23日 
鹿児島市の繁華街 天文館では「おぎおんさあ」という
お祭りが開催された・・・

鹿児島流の祇園祭なり・・・

我輩、カメラ持って祭りを記録しようと思っていたのだが
何と何と、22日の朝から左ひざの調子がおかしくなり
歩行困難となってしまったなりよ・・・

原因不明でな、脚を持ち上げるのに
自力では上がらず、両手で持ってあげなくてはならない
ズボン履くのも、靴下履くのもメッチャ困難でな・・・

日曜日午前中行った海洋少年団の訓練でも
痛み堪えて脂汗ものだったわな・・・

帰りは娘が迎えに来てくれて家まで帰ったのだが
ついに「おぎおんさあ」は見ることが叶わなかった・・・

4日めの今日、少しは回復したものの
まだ階段の昇り降りが困難な状況なり・・・

何も悪いことしてないんだがな・・・何の試練なのか・・・

今年のおぎおんさも盛大だったらしい
娘が撮影した写真掲載するわな・・・

20170725mixi0003.JPG

20170725mixi0004.JPG

20170725mixi0005.JPG

20170725mixi0006.JPG

20170725mixi0001.JPG

娘の旦那さんなり・・・

20170725mixi0002.JPG

祭りの終わりに、孫のリクエストで
鹿児島名物のかき氷 白熊 を食べて帰ったそうなりよ・・

20170725mixi0007.JPG

20170725mixi0008.JPG

孫の頭ほどある大きさの白熊・・・
ズキューンと眉間が痛くなりそうやな

ついでに

200907190000.JPG

200907190001.JPG
(上の写真:神輿の後ろから2番目、下の写真:左が娘)

これは娘が独身時代の2009年のおぎおんさあ・・・
しっかり神輿を担いでいるわな・・・
懐かしいね・・・




















posted by youan at 05:54| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

ろっがっどお〜〜〜!!!

20170716rokugatudou0017.jpg
その女は身じろぎもせず、ただ黙ってジッと一点を見つめている・・・
心なしか肩が小刻みに震え、うつろなその瞳は
「早く頂戴・・・貴方が手にしているそれを早く頂戴・・・
 早く口に含ませて・・・お願い・・・」
と訴えていた・・・

女の視線のその先には、裸・・(注1)の前で前かがみになり
せっせせっせと手を動かしている、黒装束の逞しい男がいた・・・

20170716rokugatudou0016.jpg

女の視線と黒装束の男が動かす手を交互に見ていると
この女やるな・・・よっぽどこれが好きなんやな
しかも口に入れるその時を知っている・・・この道のプロやな
と思わずにはいられなかった・・・

お〜・・・こんな鹿児島美人に我輩も咥えてもらいたいぜよ・・・と
一瞬妄想に走って気を取り直してカシャカシャとシャッターを切るのであった・・・
(注1 裸電球)

その女がまだかまだかと待っていたのは
ちんこ団子・・・いやいや・・・しんこ団子なりよ

20170716rokugatudou0015.JPG

20170716rokugatudou0014.jpg

20170716rokugatudou0013.JPG

既に焼き上がった「しんこ団子」は陳列されているんだが
やはり焼きたてが美味い・・・女はそのことをしっかりご存じなわけだ
焼き上がった米粉でできたお団子に、トロリとした甘い醤油ダレを付けて食べる。
ホントに美味いなりよ

さてさて、この夜店は何処なのか・・・
我輩・・・

さひかぶい いたっきもしたあ〜・・・てるくにじんじゃん ろっがっどお〜〜〜イエ〜ィ

意味判らんやろ・・・とりあえず日本語だからね・・・

標準語で言うと
久し振りに行ってきました〜・・・照国神社の六月灯〜〜〜イエ〜ィ
なり・・

2日間に渡って開かれる照国神社の六月灯には
毎年約20万人の人々が訪れるそうだ・・・

六月灯ってのは、鹿児島県内に昔から伝わる夏祭りでな
特に踊りや太鼓が集まって演芸するわけではないのだが
各地域のお寺・神社の境内や沿道に夜店が出てな・・・
それはそれは賑わうもんなんだ・・・

20170716rokugatudou0012.JPG

金魚すくい、綿菓子、焼きそば、レモネード
お好み焼き、串焼き、冷やしパイナップルにポプコーン・・・

20170716rokugatudou0001.JPG

20170716rokugatudou0002.JPG

焼イカを食べながら、冷え冷えのビールを飲む・・・たまらんね・・・
まあ、我輩は昔懐かしのラムネを飲んだんだが・・・

20170716rokugatudou0003.JPG

明るいうちに神社に着き、短冊に願いを書いて吊り下げ、
お賽銭を放り込んで無病息災を祈願し
やがて陽が暮れ始め境内に飾られた灯篭や提灯に火が灯ると・・・
いよいよ六月灯本番の始まり始まりなり〜〜〜・・・

20170716rokugatudou0004.JPG

20170716rokugatudou0005.JPG
20170716rokugatudou0010.JPG

我輩、写真撮りながらウロウロしていると、見返り美人のお二人と遭遇・・・
女の子が持っていたカメラで写真撮ってあげたら喜んで喜んで・・・
その時の二人がこれ・・・可愛いよ

20170716rokugatudou0006.JPG

20170716rokugatudou0007.JPG

何だかんだと歩き回って疲れ切った我輩なり・・・

家に帰り着いたのは夜の十時前だったな・・・脚パンパン

どれだけ人がごった返そうが、やはり鹿児島の人たちは
この「ろっがっどお〜(六月灯)」が好きやし、
これが来ないと夏が来ないってことなんやろね

六月灯といっても、実際に始まるのは7月第1週の土曜日から・・・
県内各地で催されるお祭り・・・一度は行ってきんさいや・・・

まだ明るいうちの照国神社前沿道と夜になっての照国神社・・・
この夜だけで10万人かぁ〜・・・凄いね

20170716rokugatudou0000.JPG
20170716rokugatudou0018.JPG

20170716rokugatudou0009.JPG
20170716rokugatudou0011.JPG

我輩、久々に照国神社の六月灯に行ってみたけど
これから先もずっとずっと鹿児島県民に愛されて欲しいと思うわな・・・

いつの日かは天空からこの様子を眺めるんだろうけど
楽しみにしているぜよ我輩・・・
この日だけは浴衣着た天使のお尻ナデナデしながら
冷たいビール片手に眺めさせてもらうことにするぜよ・・・














posted by youan at 21:53| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする