2016年07月05日

ライチ・・・玉荷包

20160705mixi0000.jpg

20160705mixi0001.jpg

これ何だかわかる人、手をあげて〜・・・
と言って手を挙げてもらっても、我輩には判らんわな

これな、ライチという果物なんよ・・・
我輩、ライチが大好きなんだが
いつも食べるときは、冷凍されたライチやったな・・・

でもな、上の写真見てみんさい・・・
燦々とした太陽の光浴びて色づいたライチ・・・

この品種は、玉荷包というもので
国内で売られている物は、台湾産が多いライチだ・・・

でも、写真のこれ・・・
我輩の知り合いの
鹿児島県の、ある生産者さんが育てているもの・・・
そう、メイド イン 鹿児島なりよ

ライチは皮が固いうえに種が大きくて
食べるところが少ないのだが
この品種は種が小さいので有名なんよ・・・

見た目は、イグアナみたいなトカゲの肌に似てるけど
トロ〜リとした何とも言えない食感と甘さが最高やね

我輩も、1〜2年で実が着くであろうという
小さな株を1鉢買ってきた・・・

1個でもいい、2個着いたらもっと嬉しいね
その日を楽しみに、コツコツと育てていきたいと思う
孫と食べる日がくることを願ってな・・・

20160705mixi0002.jpg

この果物、何だかわかるかな?

これね、パッションフルーツなんだってさ・・・
よく目にするパッションフルーツは
赤紫色してるんだけど、これは黄色・・・

黄色と言えば、数か月前まで我輩の近くにいた
あの悪女が大好きな色・・・
しかも、悪女の好色に似合いの
名前が付いているパッションなんよこれ

「ちゅうちゅうパッション」

っていうんだってさ・・・

なぜ「ちゅうちゅう・・・」なのか
それは、また明日書くわな・・・

とりあえず今は、お仏壇にお供えしてるんよ
珍しい果物だから、まずはカミさんと親父にお供えしなくてはな

明日、食べてから感想とともに紹介しまっせ・・・
お楽しみに〜・・・










posted by youan at 23:57| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

とんでもない大間違い!!

kiyomi.jpg

平成14年7月にこの世を去ったカミさん・・・
44歳で他界した

末っ子の次女がまだ中学生だった・・・(涙)

あれから14年・・・早いもんだ

子供たち誰一人の成人式を祝うことも
娘たちの晴れ着姿を見ることもできなかったカミさん・・・(涙)

末っ子の成人式での晴れ着姿がこれだ・・・

由布子成人の日5.jpg

長女が母親代わりになり
午前4時頃から付きっきりで準備したとのことだった

母親代わりだから貫禄あるね長女・・・
ヤンママ・・・やねこの風体・・・

ついでに我輩とのツーショット・・・

由布子成人の日1.jpg

何処のいかれポンチのおっさんやろね我輩・・・

20160704mixi.jpg

カミさんのお墓参りに行った時の写真・・・

長男はこの時一緒に行けなかったのだが
長女には子供ができ
あのとき中学生だった次女には
もうその時の面影はなかった・・・

逞しく生きている証やね・・・
自分の力で一生懸命生きている証だと思うね

人を騙すことなく、誠実に素直に生きていることで
こんなにも誇れる娘たちに育ってくれた・・・

どこぞの悪女に娘たちの爪の垢
煎じて飲ませてあげたいものだよホントに・・・
手の指じゃないよ・・・もったいない
足指の爪の垢だからね・・・

カミさんが亡くなった命日と同じ日が
その悪女の誕生日なり・・・

忘れたき悪女なれど
この日が来たら・・・どうしても思い出すことだろうね
しかもさ、その旦那さんと我輩は・・・同じ誕生日なりよ、これが

どうにかならんもんかね・・・と思っても
命日や誕生日を替えることできないもんな・・・
こればかりはな・・・

でもな、できないことをやってのけてた我輩なんよ・・・

何が?・・・かというと
やはり我輩にもボケ症状が出ているんやろな・・・

毎朝お仏壇にお線香あげて
開いている過去帳も見ているはずなのに
カミさんの命日を間違えていたなりよ・・・

今日の午前零時から
お仏壇横の提灯に灯り灯したのだが・・・
実は、カミさんの命日・・・7月2日だった・・・

いやいやとんでもない大間違いをしていた我輩だったわな

いずれにしても
カミさんの命日と悪女の誕生日は同じだったので
もう2日前に終わっていたんだな・・・これが・・・

勘弁してよだね、こんな大間違い・・・

その内、まったく見ず知らずの人の家の玄関開けて
「ただ今〜・・・」
だなんていう日がくるかもしれないな・・・我輩・・・



























posted by youan at 23:09| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

捩花・・・

20160702mixi0002.jpg

郊外の小さな田舎道で見つけた花・・・
小径横の土手の上で風に揺らいでいた

もっとわかりやすい写真を載せようね・・・

20160702mixi0003.jpg

可愛い花やろ・・・

地上から真っ直ぐに伸びた茎に
螺旋状に咲いている小さくて可愛い花・・・

これね、実は学名がSpiranthes sinensis という「蘭」の仲間なんよ

ネジバナ(捩花)といってね
螺旋状に咲くことからその名前が付いた

1つの花の大きさは、5mmくらいかな・・・

野生の蘭なんだけどね・・・
よく芝生にも芽生えているから
あちこちの芝生を見てみたら出会えるかもよ・・・

20160702mixi0000.JPG

これ、ネジバナが咲いていた土手の
向かい側の土手に咲いていた花・・・

鹿児島では今頃、あちこちで見られる百合の花
毒々しい色だけに「鬼百合」という名前が付いている

20160702mixi0001.JPG

白百合の花は清楚なお嬢さんをイメージするが
この花からイメージできる女性といえば・・・

hahaha・・・いるにはいるんだが
もう今夜は何も書くまい・・・書きたくないね

可愛いネジバナと鬼のようなユリが向かいあって咲いている
田舎道小径・・・

歩きながら、ふと思ったのは
例えれば、誰からも愛され
そして、癒しさを与えてくれる花・・・

そんな女性に出会いたいもんだ・・・と・・・












posted by youan at 22:16| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする