2016年06月22日

梅雨の雨は嫌いなり!

20160622mixi0000.jpg

20160622mixi0001.jpg

この花・・・なあ〜んだ?
多分初めて見ると思うよ・・・

先日はコーヒーの花を見せたよね
白くて可憐なところが似ていると思うけど
実はな、この花・・・カレーの木・・・の、花なんよ

そう、インド人もビックリのカレー

この花からカレーができるんではなくて
カレーを作る時、この期の葉っぱを入れて煮ると
カレーの旨みが増すらしいんだよね・・・

我輩、カレーが大好きだけど
この木は知らなかったな・・・

我輩を2年半も騙し続けた性悪女にも
大鍋で20人前くらいのカレーを作って
ジップロックに1人前ずつ小分けしてあげたことがる・・・
2〜3回くらい作ってあげたな・・・

1日がかりで作って1晩寝かせて・・・
愛情たっぷりのカレーを・・・作った

子供たちが好きだからと・・・
あいつは昼間働いて忙しいから・・・と

今思えば・・・バカみたい・・・だね

そうそう、ちょうど今の季節
2年前の大雨の日・・・

我輩が実家からくるまで帰る途中の午後4時頃
国道横にあるユニクロの駐車場に
あいつの車が停まって気が付いた・・・

家族でユニクロに買い物かな・・・?
と、通り過ぎたのだが、何かしらモヤモヤ感が湧いてきた・・・

引きかえして、ユニクロの中を見に行ったのだが
その姿はなかった・・・

ならば・・・と、あいつの車がよく見えるところに駐車して
帰って来るのを待つことにしたんだが・・・
午後4時半頃
赤い軽自動車・・・ハスラーみたいな車が
あいつの車の横に停まった・・・

ジッと目を凝らしていると
運転席と助手席の二つの影が・・・一瞬重なった

キス・・・

そして、その助手席から降りてきたのが・・・
あいつだった・・・

やがて赤い車は左回りで
あいつは我輩の車の前を通り過ぎ
それぞれが国道226号線へと出て行った・・・

しかも、あいつは我輩の真後ろで信号待ちのため停車したんだが
車の中を見ていると、携帯電話を触っているのが見え
そして・・・

我輩の携帯が鳴った・・・
メールだった・・・

しかも、発信者は・・・あいつだった

「今、お仕事が終わりました。疲れちゃった・・・
 これからお家に帰って晩御飯の準備しなくては・・・」

我輩は呆れ返ったのだが
「現場の仕事お疲れさん・・・体壊さんようにな・・・」

と、何食わぬ顔で返事したのだった・・・

こんな土砂降りの日に駐車場で待ち合わせて
1台の車で何処かへ行き、そしてこんな時間に帰って来る・・・
典型的なラブホパターンだと腹煮えくり返った我輩だった。

勤め先の社長とも不倫関係を持ち
我輩とも、そして赤い車の男とも・・・

どこまで股癖の悪い女なんだろうか・・・

と思いつつも煩悩を切れなかった我輩の苦悩の根源・・・
それに尽きる女だったね・・・

後々の喧嘩の中で、この時のことを話すと
なんと帰ってきた言葉は

「私の知り合いで、この人癌なの。
 だから、鰻をご馳走してあげたのよ。
 街中は車で走れないから、あそこで待ち合わせして
 その人の車で行ったのよ。考えすぎだよ・・・」

だった・・・

癌の友達が多いんだな・・・
しかも、行った鰻屋は駐車場からすぐのところだし
どこまで嘘つく女なんだろうと呆れ返ってしまった。

とどめは、ある日の会話で

「鰻・・・ご馳走になったし・・・」

だったもんな・・・

我輩、今でも土砂降りになると
その日のことと、その後のあの女の言葉が思い出され
溜息吐息をつきながら笑いを堪えているこの頃なりよ・・・

だから・・・梅雨の雨は嫌いなり




















ラベル:嫌い 梅雨
posted by youan at 23:37| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

メンソールタバコは、あそこが臭くなる?

20160619mixi0000.jpg

20160619mixi0001.jpg

これは5月中旬ごろ撮った写真・・・
木苺なんよこれ・・・
ほんのり甘酸っぱい味でね・・・
小さい頃住んでいた町の山ではたくさん見ることができた

緑織り成す木々の中を飛び交う可愛い天使がくれた贈り物・・・

爽やかやねェ〜・・・

そんな情緒を愉しんだそのあとの
男友達と女友達3人での会話・・・・
情緒も何も、吹っ飛んでしまったわいな・・・

禁煙タバコの話からメンソール入りタバコの文言が出た瞬間
そこにいた女友達が
「メンソール入りは、あそこが臭くなるって聞いたよ・・・」
と言葉にした・・・

あそこ・・・って、女性のお股のこと?
メンソールタバコは男の方に影響あると聞いていたんだが・・・

我輩も男友達も、一瞬唖然として言葉が出なかった

だってな、そんなことを口にするような
女性ではないと思っていたからね・・・我輩たち・・・

真面目で、大人しくて、清楚で
控えめな女性だと・・・そう思ってた・・・

しかも、まだまだドヒャ〜ッとするような言葉が
彼女の口から飛び出した・・・それも真顔で・・・

「私もメンソール吸ってたけど
 私のあそこが(臭いか)どうかはわからない・・・」

我輩も友人も・・・
「・・・・・・」
言葉に詰まってしまったわいな・・・

普段の我輩なら
そして、いつも下ネタを話している間柄なら

「お〜そうか、それなら
 臭いかどうか我輩が嗅いであげるわいな・・・
と返すところだが・・・

大人しくて真面目(そうな)な女性なので
驚きの方が先で、そんな言葉思いつかなかったわいね

まあ、そこでそんなこと口にしたら
彼女から思い切り往復ビンタ喰らったことだろうよきっと

いやいや清々しい緑の妖精から
お股の臭い話に転じた一日の始まりだったぜよこの日・・・

人は見かけによらんもんやね・・・

そうそう、メンソールタバコ吸ったからといって
あそこが臭くなることないと思うよ・・・

我輩を2年半も騙し弄んだ女もメンソールタバコだったけど
臭くなかったよ・・・あそこ・・・

ただ時々
他の男が出した、生々しい匂いと液体が残っていたことあったけどな・・・










posted by youan at 22:45| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

3回連続の同じ東京夜景・・・

20160619mixi0002.jpg

2年前の6月10日
我輩は東京晴海にある海員会館に泊まった・・・
それは還暦を迎える1日前だった。

昨年も同じ日に同じ海員会館に泊まった・・・

今年は1日ずれて11日の誕生日に泊まったのだが
毎年見る夜景はいつもと同じだったな・・・

前回も前々回も、この夜景を見ながら
目一杯溜息をついたものだが
今年の我輩はどこか違っていた・・・

不安定な気持ちの中で眺めた前々回の夜景・・・
騙されていることがわかっていながらも
それをどうにも矯正できない
ジレンマに悩みつつ眺めた前回の夜景・・・

しかし、今年は吹っ切れた思いの中で
自分自身がやり通してきたことは
間違ってはいなかった・・・
相手を思う心は純粋だったということを
あらためて感じつつ、じっと見つめた東京夜景だった・・・

やるべきことはやり通してきた
言うべきことは、ずっと言い続けてきた・・・
ただ、相手には通じなかっただけのこと
我輩を騙し続けて弄んで平気な女性だっただけのこと・・・

しっかりとその罪には罰を与えます。
それも言い続けていたしね
災難は忘れた頃に必ずやってくる・・・と

来年もまた同じ頃、ここに泊まることだろう

その時はどんな思いでこの夜景を眺めるのか
今から楽しみだ・・・
無事、生きていたらな・・・
いや・・・生きていなければ













posted by youan at 22:57| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする