2017年11月22日

息子からの嬉しい差し入れ・・・

20171122mixi0001.JPG

20171122mixi0000.JPG

今日夜遅く、息子が訪ねて来てな・・・
何と、阿久根産の大きなイワシと1匹400円もする大きな海老
それに、「うんべ」・・・を持って来てくれた
「うんべ」って、「むべ」としてお店に並んでいるもので
自然にある甘い果物・・・
我輩が小中学校の頃住んでいた志布志市では
「うんべ」とか「うべ」とか言っていたなり・・・

下の写真は宮城県産の「ホヤ」という海産物でな
見た目から「海のパイナップル」と呼ばれているものなり・・・
ホヤは4日前に持って来てくれたんよ・・・

車で40分くらいかけて、わざわざ持って来てくれる・・・
何か最近すごく気遣ってくれる息子なり・・・嬉しいねえ

我輩、温室作業終わったあとメザシをツマミにチビチビ焼酎呑んでいたなり
メザシはな、10匹入って100円の小さなやつ
写真の左上、小皿にのってるやつでな・・・
息子が阿久根から買ってきてくれたものと比べると格段の差があるわな
大きなメザシは2匹しか写っていないが、4匹入りだったなりよ

全部きちんと写真撮ってから、2匹のメザシは冷凍庫へ
海老と「うんべ」は並べて撮ってさ
海老は今夜食べるなら刺身でいけるよ・・・って息子が言うから
よっしゃあ・・・とすぐに捌いたなり・・・
1匹400円もするのなら、冷凍したあとで焼くのはもったいない
美味しいものは美味しいうちに食べるのが鉄則だからね

「うんべ」は2個小皿に移してお仏壇へ・・・

そひて海老を食べながら、もう1杯だけ飲んで
飲みながら日記に書こうとしていたら・・・
写真データが突然パソコンから消えた・・・

最近我が家のパソコンは我輩に似ておかしくなり始めてな・・・
昨日なんか、ウインドウズが開かなくなって
時間かけて修復するも言うことを効かず・・・
ハア〜・・・と溜息生息吐息でいたら、突然復活・・・

まったく腹立たしいのなんのって、我輩器械に振り回されるがメッチャ嫌なので、
ホントにパソコン画面ぶっ叩きたくなるくらい腹煮えくり返っていたんだが
そうするとパソコン壊れて新しいを買わなくてはならなくなるので
ぐっと我慢したなり・・・その分イライラがつのっていたんだが
今夜の息子からの差し入れで・・・そんな気分あっち行けぇ〜
飛んでけぇ〜・・・みたいなものになり、今は上機嫌なり

ホントに感謝やね息子には・・・
以前は、たまには顔を出さんかい・・・と電話しても
なかなかここには来なかったのだが
「また来るよ。外に出なくていいから玄関の鍵だけしといて・・・」
と言い残して帰って行った・・・
「また来るよ・・・」だなんて、こんなこと今まで口にしなかった子なのにな・・・

明日の朝は5時起きで仕事に行くとのこと・・・
これから帰ったら1時前にマンションに着くんだが
嬉しいやら申し訳ないやらで複雑なり・・・

今、2匹・・・800円分の海老食べたから
あと4匹・・・1600円分の海老食べながらパソコン作業しなくてはだね・・・

何かしみじみ、生きていて良かったなと思う我輩なり











posted by youan at 23:56| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

癌との戦いの始まり・・・

IMG_0683.jpg

母・・・86歳

今日午前中最終検査を行い、1200 入院した・・・

病名は・・・癌
我輩の家系で癌の闘病生活に入るのは初めてのことなり

午前中からずっと付き添っていたのだが
車椅子で弟に連れられて病院へ入って来たお袋・・・
待合室で待っていた我輩を見つけるなり、ニコ〜ッとして手を振った
何かやり切れないよねこんなシーン・・・

まあそれでも、不安がらせてはいけないので目一杯笑顔で対応したんだが
やはり夕方には疲れがひどかった我輩なり・・・

今日から1か月かけて放射線治療を行うんだが
認知症がかなり進んでいるため、本人はあまりピンときていない・・・
癌ということをガッツリ理解しないことは
余計な不安が起きないからいいことなんだが
逆にそれがとても哀れでな・・・

午後3時頃、我輩の息子たちがやって来たんだが
何しに来たの?・・・ってな感じでキョトンとしていた・・・

IMG_0708.jpg

孫の一挙手一投足に笑いが絶えなかったお袋だが
多分もう今頃は忘れていることだろう・・・

放射線治療は2週間後くらいから患部に痛みを感じ始めると
担当の医師が説明していた

耐えて欲しいね・・・ホントに
これからしばらくは我輩も病院へ行って支えてあげなければと思う・・・
病院まで往復2時間・・・ガンバガンバだね

病院から自宅まで長男が車で送ってくれたんだが
「晩御飯食べて帰るかい?」
と息子が切り出した・・・

これから家に帰って自炊しなければいけない我輩を気遣ってのことだった

嬉しいねぇマジで・・・

一緒に食べたのは天婦羅・・・ビールまで付けてくれてな・・・

IMG_0712.JPG

揚げたてを次から次へとお皿に乗せてくれて
サクサク熱々でメッチャ美味しかったな・・・

「仕事場近いから、帰りに時々病院へ顔出すよ・・・」
と言って我が家を後にした息子・・・

小さい頃、よくお袋に背負われていた息子
滅茶苦茶可愛がられていたから、辛いことだろう息子も・・・

長女も週に2回は午後2時以降が空くので
時々顔出す・・・と言っていたなり・・・

何かこう・・・家族って良いな・・・ってジンワリ感じた1日だった・・・

これから1か月・・・
そしてその後・・・頑張って見舞いに行かなくては・・・罰が当たるわな・・・

少年団のこと、これから冬を迎えるランのこと
その他諸々、やらなくてはいけないことが山積みなんだが
倒れんように頑張らんとな我輩・・・

先日久々測った血圧が・・・197と109・・・
危ない危ない我輩だが、頑張るっきゃないねホントに・・・













posted by youan at 23:57| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

母の手の温もり・・・

20171019.JPG


昨日今日と、2日続けて母親に会いに行った・・・
弟から母親が癌であると連絡があったからだ

我輩の家系で癌で亡くなった祖先はいなかったから
マジかよと耳を疑った・・・

昨日は実家へ行き久々に一緒にお茶飲んで孫の話で盛り上がったのだが、
つい数分前に話したことを覚えていない母がそこにいた・・・
何回も何回もそんなことがあった・・・

帰りは街のバス停まで弟が送ってくれたのだが
走り去る車の後部座席から、我輩に一生懸命手を振る母親の姿がいたたまれなかった

そして今日、一緒に病院へ行き医師から癌の告知を受けた母・・・

肩を落としうなだれた母親・・・
治療方法を説明する医師に
「十分長生きしたから、もう何もせんでいい・・・」
とボソボソ呟いていた母親・・・

小さく小さく体が震えていたのが堪らなかった・・・

病院からの帰りに母が大好きなお寿司を食べに行った・・・
しかし、食はかなり細くなっていたな・・・

駐車場からお寿司屋さんまで母の手を引いて歩いたのだが
おそらく母親の手を引いたのは初めてのことだったと思う・・・
温かかったなあ・・・
母親の手の温もりとは、正にこのことなんだなと実感した・・・

3年半前、88歳でこの世を去った親父・・・母は今年86歳
まだまだ長生きしてもらわんと・・・

母が逝ったら、その次は我輩だからさ・・・
早く逝きたい気もあるが、まだまだこの世にはやり残したこともあるし・・・
もう少し生きさせてもらわないとな・・・

またお寿司食べに行こうぜ、なあ婆さんよ・・・







posted by youan at 23:56| Comment(0) | 花咲か爺さん旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする